シマブログ

手短に端的に!

どんなエンジニアになりたいのか?

 

 こんにちは、今日はどんなエンジニアになりたいのか?について考えを書いてみようと思います。後々、これが黒歴史になるかもしれないですが、一応書いておきます。

 

 

 そもそも、エンジニアとは広い意味を持つ言葉なので、自分の目指すエンジニアとは、ソフトウェアエンジニアだということを先に述べておきます。

 エンジニアになろうと思ったきっかけなどは、また次の機会に詳しく書いていこうと思っていますが、元々ものを作ることが好きで、人を助けることがしたかったというのが、大まかな理由です。後は、良い人たちに出会えたことも大きいです。

 

 

 今回は、どんなエンジニアになりたいかですが、仕事面(どんな仕事をしていきたいか)とスキル面(どんなスキルを習得したいか)に分けて書いていこうと思います。

 

 仕事面(どんな仕事をしていきたいか)は自分が面白くて、やりたくて仕方がないという仕事だけしていきたいです。肩書きはなんでも良くて、フリーランスでも良いですし、どこかに属してても良いです。しかし、自分が開発しているものに誇りが持てて、どれだけ作業してても苦でなはい様なものだけをやっていきたいのです。はたから見れば、ブラックでもなんでも構いません。

 

 スキル面(どんなスキルを習得したいか)は、新しい技術を常に追いかけ、習得できる力が欲しいです。具体的には、ググる力、イベントに出る行動力、後は英語のドキュメントを読んだり、海外のエンジニアとの情報交換のために英語力も欲しいです。

 技術の移り変わりの早いソフトウェアエンジニア業界では、新しい技術への適応をしないと生き抜くことはできないということもありますが、それだけでなく便利になっていくことを体感できるということが嬉しかったりするからでもあります。

 

 大体こんな感じです。まだまだ、実務をこなしたこともほとんど無い身で、こんなことを書くのも可笑しいかもしれませんが、目標は言葉にしておいた方が良いかと思い今回は、書かせていただきました。ありがとうございました。